MENU

痛みが生じることも


ここではおしりの軟性線維腫の原因と治療法について記します。軟性線維腫の概要説明は省きます。

おしりの軟性線維腫の原因

おしりの軟性線維腫の原因とは、おしりの摩擦です。

 

おしりは常に摩擦を受けている部位なのです。

 

パンツを穿いている状態でも摩擦を受けていますし、椅子に座った状態になりますと、おしりに重量がかかり、さらにおしりの摩擦が大きくなります。

 

 

寝ている状態でも、仰向けにねていますとおしりが下になりますので、常におしりがこすれた状態となり、摩擦が引き起こされているのです。

 

 

立っていても座っていても寝ていても、常に摩擦を受け続けているのがおしりなのです。

 

 

ですから、おしりの肌が摩擦を受けることによって軟性線維腫ができてしまうのです。

 

 

その他の原因としましては、糖尿病を患っている人がインスリン耐性であることや、妊娠中の女性のホルモン変化なども挙げることができます。

 

また、加齢による肌質の変化によって軟性線維腫が発生する場合もあります。

 

おしりの軟性線維腫の治療法

おしりの軟性線維腫の治療法とは、軟性線維腫をハサミやレーザー、電気メスなどの器具を用いて切除します。

 

 

場合によっては液体窒素で凍傷を起こして軟性線維腫を脱落させることもあります。

 

 

この処置をすると軟性線維腫を取り除くことが可能です。

 

 

しかし、おしりに数多くの軟性線維腫ができている場合になりますと、ハサミやレーザー、電気メスなどで切除する際や、液体窒素で凍傷を起こして脱落させる際に痛みが生じる場合があります。そのような時は、痛みを軽減するために麻酔クリームを処置する部分に用います。

 

 

麻酔クリームを用いることで、処置による痛みを軽減させることができるため、処置の時間や回数が少し多くなっても大丈夫なのです。処置自体は短時間で終わることが多いです。

 

 

しかし、軟性線維腫が脱落するまでには数日かかる場合があります。

 

 

おしりの軟性線維腫を完全に取り除いたとしても、おしりはとても摩擦の多い部位ですから、再発する可能性があります。

 

 

再発しましたら、また同じように切除したり凍結するなどして軟性線維腫を取り除きます。

 

 

処置は自分でも行うことが可能です。

 

 

しかし、自分で処置しますと出血をしたり感染するリスクがありますので、医師に処置してもらうのが理想的と言えるでしょう。

 

 

このように、おしりの軟性線維腫の原因は摩擦であり、おしりは摩擦が多い部位ですから軟性線維腫が出来やすいと言えるのです。

 

 

治療方法は確立されていますので、適切な処置をしていれば安心して生活を送ることが出来ます。

 

自宅で首いぼ、肩いぼ、顔いぼをポロッとさせたい人用スキンケア化粧品があります。

軟性線維腫を取りたいけど。。。
  • 医者で取ってもすぐ再発しちゃう!
  • 通院費用、手術費用が気になる
  • やっぱり切除とか、焼き切るとか怖い

こんな方が選ぶ
軟性線維腫向けのスキンケア用品をまとめてみました。
※ランキングは当サイトからの売上順です

クリアポロン

当サイトの編集部でも人気です。


オールインワンジェルとしても使えるので忙しいタイミングに重宝します。


保湿力がしっかりしていますが、ニオイはほとんどありません。

試しになめてみましたが、味もありませんよ。

【特徴】
  • 満足度93.1%
  • リピート率87.8%
  • お悩み解決実感85.9%
  • 1257人が1位に認定
  • 500名限定モニターキャンペーン中
  • 180日の返金保証制度つき
  • コンシエルジュサポートつき
>>クリアポロン公式キャンペーンサイトはこちら

艶つや習慣

【特徴】
  • 販売数40万個突破
  • 40代のイボに
  • 業界最大120gの大容量オールインワンジェル
  • 多発性の小さいイボや老人性イボに
  • 副作用なし
  • 業界初〜角質ケアとスキンケアのWケアができる
悩み系の商品なので中身がわからないように配送。
WEB限定(ネット限定)のキャンペーンあり。
定期コースで申し込んでも、いつもでも解約(1回でも可)できます。
>>公式サイトはこちらです
ぽろぽろとれる杏ジェル

【特徴】
顔や首のぽろぽろの他にかかとやヒジのガサガサ、ブーツなどの足のニオイなどにも使えます。毛穴対策や基礎化粧品の浸透力UPにも有効です。定期コース(ボーナスコース)でも1回での解約OKです。とりあえず、一回試してみたいという場合に良いですね。

アプリアージュオイルS

18年のロングセラー杏仁オイルです。こういったスキンケア商品では珍しく、扁平型のイボも小さくなってきたという口コミがあります。天然オイルなので安いものではありませんが、油やけやベタつきが少ないようで人気です。
【公式サイト】
>>>http://www.aib21.com/apricot_lp2.html


シルキースワン

こちらもハトムギエキス(ヨクイニン)が主成分です。2種類のクリームを塗ります。15日分の量が毎月送られてきます。初回の価格がキャンペーンで安いのが特徴です。とりあえず首のイボ専用スキンケアをしてみたいって人には良いかも知れません。定期コースであっても、1回から解約できます。
【公式サイト】
http://hoconico.com/silkyswan/

ぽっつるん

こちらもハトムギエキスが主成分です。クリームタイプですね。ハトムギエキスに加えてLipidure(リピジュア)という細胞膜を作ってくれる成分も入っています。クリームでしっかり保湿したい人には良いかも知れません。
【公式サイト】
>>>http://potturun.syrp.net/

関連ページ

股の軟性線維腫の原因と治療方法についてまとめています。
足の付け根(鼠径部)
足の付け根(鼠径部)の軟性線維腫の原因と治療方法についてまとめています。
頭の軟性線維腫の原因と治療方法についてまとめています。
陰部
陰部の軟性線維腫の原因と治療方法についてまとめています。
顔の軟性線維腫の原因と治療方法
顔の軟性線維腫の原因と治療方法についてまとめています。
脇の下
脇の下の軟性線維腫の原因と治療方法についてまとめています。